ツインレイ

ツインレイ
共依存

 

ツインレイ女性には恋愛依存の傾向があり、ツインレイの男性には回避依存の傾向があります。
両者は全く異なるようにみえますが、形は違えど、どちらも「愛への恐れ」が起因となっています。

 

お互いに無自覚なために、依存症に気づき、それを克服していくためには時間を要します。
女性ツインは、サイレント期間に自己の内側と向き合うことで自分の恋愛依存を克服します。
男性ツインは、サイレント期間に社会という外側で自信をつけることで、回避依存を克服します。

 

誰に教えてもらうことなく、自分自身で気づきを得て、1人で乗り越えていくことは、簡単なことではありません。
ですが、ツインレイの2人なら必ず超えてゆけることでしょう。

 

男性ツインの回避依存

 

男性ツインの回避依存。
それは、幼少期に親に甘えたいのに甘えることが出来なかったり、守ってもらいたかったのに守ってもらえなかったような環境に身を置いていた方に多くみられるように感じられます。
男だからという理由で、強くあらねばいけないと教えられた彼らの中にも、孤独や不安という感情もありますし、愛されたい、本当の自分を受け入れてもらいたいと願う気持ちがあります。

 

ですが、褒められたい一心で、良い子を演じ続けたり、本当は愛情をかけてもらいたいのに、言い出せず我慢することにより、自分の感情の出し方が分からなくなるのです。
男なのだから自分の弱さは見せられない。

 

誠実で真面目な彼らは、親の教えに背かず、本当の気持ちを隠して生きてきたのですね。
そして、本当の自分は、「インナーチャイルド」として刻まれてしまうのです。

 

男性ツインは、表面的には明るく、親しい友人も沢山いて、自信家のように見えることでしょう。
ですが、内面的には誰にも心を開かず、人と深い関係になることを避けています。

 

どうせ受け入れてもらえないのであれば、本心など見せない方がいい。
いつか失うものであるならば、最初から親密な関係になどならない方がいい。
無意識レベルで「ありのままの自分を受け入れてもらえない恐怖」と「失う恐怖」に支配され、自分の本当の感情から逃げ出したくなるのです。
本当の意味で、誰にも心を開くことができないのです。

 

ですが、ツインレイのお相手にだけは違いました。
自分の全てをさらけ出し、弱さも見せられる相手、それがツインレイの女性です。
出会ってから、早い段階で全てを分かち合えるように感じ、心を少しずつさらけ出してきました。

 

ですが、インナーチャイルドは癒されていないため、時間とともに、抱いていた「恐怖」が顔を見せ始めるのです。
こんな自分では、愛される価値がない。と。
自分自身に自信が持てないのですね。

 

自己肯定できずに、自己否定しながら、ランナーは自分を責めているのです。
愛する人を幸せにできない自分を責め、同時に、こんな自分では愛する人は自分から離れていくと思い込み、傷つく前に愛する人の前から去ることで、自分自身を守ろうとしているのです。

 

女性ツインの恋愛依存

 

女性ツインの恋愛依存。
女性の恋愛依存もまた、男性ツインと同様に幼少期の家族関係が起因となっていることが多いように感じます。

 

それは、幼少期に親からの期待が大きすぎて精神的に追い詰められたり、甘えたいのに甘えることが出来なかったり、鍵っこで孤独を感じていたり、精神的に寂しい環境に身を置いていた方に多くみられるように感じられます。

 

女だからという理由で、誰にでも優しくしなければいけないと教えられた彼女たちの中にも、孤独や悲しみという感情もありますし、愛されたい、本当の自分を受け入れてもらいたいと願う気持ちがあります。

 

ですが、褒められたい一心で、良い子を演じ続けたり、本当は愛情をかけてもらいたいのに、心配させまいと平気なように振舞い、他人の世話をしたりして、自分の感情の出し方が分からなくなるのです。
女なのだから思いやりのある優しい人でいなくてはいけない。

 

優しくて繊細な彼女たちは、親の教えに背かず、口答えもせず、本当の気持ちを隠して生きてきたのですね。
そして、愛情に飢えている本当の自分は、「インナーチャイルド」として刻まれてしまうのです。

 

自分自身に我慢をさせ、言いたいことを我慢し、相手のために尽くす。
自分に自信がもてず、相手に尽くすことばかりだった彼女たちは、愛することはできても、「愛されること」を素直に受け入れられずにいるのです。

 

愛してもらいたいと願いながら、愛を上手く受け入れられないのですね。
ですから、男性にどれほど愛されても、欠乏感を埋めることができないのです。
愛を与えられているのに、受け取れず不安になり、依存してしまうのですね。
ですが、女性ツインの欠乏感を埋められるのは、女性ツインだけなのです。

 

女性ツインが自己を愛で満たすことが出来て初めて、お相手からの愛も素直に受け取ることができるようになるのです。

 

インナーチャイルドを癒す時間

 

このように、男性ツインも女性ツインも共にインナーチャイルドを持っています。

 

ツインレイは、お互いのこのインナーチャイルドを癒すことを促すことが出来る唯一無二の存在であるため、激しさが伴います。
お互いが甘えるだけの間柄にならないために、離れ、自分のインナーチャイルドを癒す期間があるのですね。

 

男性ツインは、女性を幸せにするための自信を。
女性ツインは、自分で自分を満たし男性を受け入れる愛の器になるために自愛を。

 

離れながらにして、お互いの課題を共に乗り越えようとしています。
ですので、あなたもあなたの課題をクリアすることに意識を向けてくださいね。

 

皆様の1日が愛と幸せに満ちたものでありますように♡

マシュマロ

 

あわせて読みたい
ツインレイ
男性の自信と愛
男性ツインは、「ランナー」という役割を演じてはいます。 ですが、「チェイサー」である女性ツインのあなたを心から愛しています。 ...
あわせて読みたい
ツインレイ
ありのままで愛される
男性ツインは、あなたから目を背け、逃げているように感じるかもしれません。 ですが、本当の魂の姿は違います。 あな...
あわせて読みたい
ツインレイ
恐れと愛
永遠に続くように思える暗闇の中で、1人涙を流し、ボロボロになりながら、必死に力を振り絞り、立ち上がる。 ツインレイの統合への道...