ツインレイ

ツインレイ
ランナーの苦悩

 

ランナーに逃げ出されたチェイサーは、孤独の中で苦しい思いをしていることでしょう。
一方的に逃げ出したランナーに対して、怒りや悲しみなど、言葉では言い表せないほど様々な感情を抱えていると思います。
それでも、やはり、心の一番奥底では、ランナーを愛している。

 

何も約束のない状況の中で、何も約束のない2人の未来を信じて。
ランナーが戻ってくる事だけを、ただひたすら信じながら、待ち続ける。
それは、とても辛いことですし、簡単なことではありません。

 

様々な感情に揺さぶられながらも、何度も何度も自分の心と対話し、ご自身の心の奥深くからでた結論が、「待つ」ということであるならば、それは間違ってはいないと思います。
なぜなら、「待つ」ことは、愛に基づく行為であり、ご自身の心に、嘘をついていないからです。

 

ランナーの葛藤

 

一方の、ランナーは、自己を否定しながら逃走しています。
「逃げる」ということは、「待つ」ことよりも楽にみえます。
ですが、実はそれ以上に辛いのです。

 

何故なら、自分自身の心に嘘をついているから。
自分の本音から目をそむけているからです。

 

ランナーは、チェイサーの前では、辛い顔を見せないかもしれません。
ですが、ランナーもまた、愛するあなたの前から姿を消す時、1人壮絶な苦しみの中にいるのです。

 

愛する人を手放さなければならない。
そんな不甲斐ない自分が許せなくて。
本音で生きることが出来ないことほど、苦しいことはないのです。

 

そして、ツインレイとの出逢いは、いままでの愛の概念をも変えていきます。
ツインレイは魂で繋がり、そして愛し合っています。
出逢った時から、魂にはわかっているのです。

 

その絶対的な繋がりを否定し、逃げ出すということは、自己を否定しながら生きていくこと。
それは、嘘と、本音の狭間で、葛藤に苦しみ続けるということ。
心を偽って生きるということは、チェイサーが考えている以上に、孤独で辛いものなのです。

 

自分の心を偽り、本当の想いを伝えることも、認めることも出来ずに苦み続けるランナーの姿が、自分の心に正直に、愛で待ち続けているチェイサーには、偽りだらけに見えることでしょう。

 

しかし、誰にも打ち明けられず、解き放つことの出来ない、ランナーの苦しみを、真に理解してあげられるのは、他の誰でもない、この世でチェイサーただ1人だけなのです。

 

ランナーの打ち明けられない想い

 

チェイサーは、辛い日々の中で、ランナーを責めたくなる日もあるでしょう。
ですが、ランナーを責めている限り、ランナーがチェイサーに心を開くことはないのです。

 

なぜなら、ランナーが今世で手に入れたいもの。
感じたいもの、カタチにしたいもの。
それは絶対的な真実の愛。
愛も豊かさも喜びも全てが調和していている世界。

 

ランナーは、チェイサーこそ、誰よりも自分を理解し、受け入れてくれる存在であると信じています。
ランナーにとって、チェイサーは、愛の器なのです。

 

ですので、ランナーは、その愛の器である、チェイサーから非難されることを最も恐れています。
それはまるで、愛の器から、「あなたを受け入れられない」と言われているようで。

 

チェイサーが、ランナーと一緒になりたいと切実に思っていたとしても、とても強く、ランナーを求めていたとしても、無意識レベルで彼を拒絶している状態では、当然ランナーは、その器に戻り、愛に浸りたいとは思えないのです。

 

パートナーから拒絶されていることを、ダイレクトに感じ取る。
ツインレイは、互いに出すエネルギーに、とても敏感に反応してしまうため、拒絶エネルギーに対しても、純粋に反応してしまうのです。
しかし、ランナーは逃げながらも、心の奥深くでは、いつもチェイサーの愛を求めているのです。

 

ランナーもまた、待っているのです。
チェイサーが、愛の源泉になり、ランナーの全てを受け入れてくれることを。
無条件の愛の器となったチェイサーの、大いなる愛の中で癒される日を。

 

愛への降伏

 

逃げることの苦しみとは、どんなものなのか。
それは、チェイサーが、ランナーを諦め逃げようとした時、感じられるはずです。
逃げれば逃げるほど、苦しくなる。
どんなに辛く思えてたとしても、待つことのほうが、逃げることより楽なのです。

 

そして、ランナーもまた、逃げきれない内なる愛から目を背け、自分自身に嘘をつき続けるよりも、自分の心に素直になり、愛に降伏するほうが、逃げることより楽だということに、気づく日がくるでしょう。

 

皆様の1日が愛と幸せに満ちたものでありますように♡

マシュマロ