幸せへの扉

誰かや何かを許せない本当の理由は…

 

誰かや何かを許せない日や、許せなくて誰かを憎んでしまう日もあるかもしれません。

 

あの人があんな事をしたから。

あの人があんな事を言うから。

誰かに何かをされたり、言われたりしたから。

気分が害されて、とても腹が立つ!

 

そんな風に誰かや何かにイライラしてしまったり、悲しくなってしまう日もありますよね。

 

怒りが湧いた時には

 

どうしても怒りが収まらない時は、ハートの前に扉があるのをイメージして、その扉を開けてみてください。

 

凄い勢いで黒い大きな硬くて重たいロケットが胸から飛び出して、宇宙の彼方に消えていく。

 

そのロケットが光に変わりあなたのハートに戻ってきたら、ハートの扉を閉めるイメージをするだけで、落ち着きを取り戻すことができるので、是非やってみてください。

 

 

そして、落ち着いた時に立ち止まって考えてみてください。

 

なぜ、あなたはそんなに誰かや何かに腹が立ったのかを。悲しくなったのかを。

 

 

あの人が嫌な事を言ったから?

あの人が何かをしたから?

旦那様が、子供が言うことを聞いてくれないから?

 

 

本当は、誰かや何かが起こったから、腹が立ったのでも、悲しく感じたのでもないのです。

 

それは意味の後付けにすぎないのです。

 

怒りの原因

 

あなたが腹立たしく感じた理由は、あなたが『我慢』をしているからです。

 

『いい人』でいる為に自分自身に嘘をつき、我慢させ、無理をさせているからです。

 

 

それは、理想の妻や恋人でいるためかもしれませんし、理想の母親でいるためかもしれません。

 

良い友達でいるためかもしれませんし、良い娘でいたいからかもしれません。

 

けれど、それは『世間体』を意識したり、相手に何を思われるかを気にして、本音をお相手伝えずに、自分の中で抑え込んで、我慢するから苦しくなっていくのですね。

 

その苦しみが、心のどこかで、頑張っているのに認めてもらえない、労ってもらえないという形で怒りへと変わっていくのです。

 

『気遣い』、『心遣い』、『思いやり』が良い事だと信じて我慢する。

 

けれど、それは別の角度から見ると、『気遣い』ではなく、

 

嫌われたくないから。

愛してほしいから。

世間の目が気になるから。

 

自分の中の『恐れ』からくる、『ご機嫌伺い』だったりするのです。

 

心からの思いやりや喜びからする行動ではなく、仕方がないから我慢してやる。

 

だから疲れるし、怒りが湧いてくるのですね。

 

本当に愛ゆえの行動であれば、疲れることはありませんし、お相手に分かってもらいたいとと願う事も、見返りを求める事もありません。

 

お相手に何かを期待することもないので、何かに腹を立てる事もありませんよね。

 

 

それに、あなたが、それだけ我慢をして頑張ったとしても、

 

嫌われる事もあるし、

 

愛が遠ざかってしまうこともあるし、

 

良い顔ばっかりしてとか、八方美人とか、自分の意見がないとか色んなことを言われて、世間から認められなかったりすることもあります。

 

そんな経験したことはありませんか?

 

良い人だからと利用されることも、仕事や用事を頼まれたりして、更に負担や迷惑をかけられることだってあると思います。

 

無理をして『いい人』になることで、更に自分に無理をさせることになりかねないのです。

 

だって、あなたは『いい人』だから。

 

きっと受け入れてくれるし、何だって引き受けてくれる。

 

お相手は、あなたが無理をして頑張っていることに気づくこともないのです。

 

誰もが異なる価値観の中で生きているこの世界で、何も言わなくても分かってほしいと願ったとしても、残念ですが、その願いが叶うことはないでしょう。

 

あなたは、十分頑張っています。

 

そして、その頑張りを認めてもらいたい相手は、目の前にいる誰かにではありません。

 

あなたが本当に認めてもらいたいのは、他の誰でもない自分自身であるということに、気がついていますか?

 

内側からのSOS

 

あなたは時に無理をしすぎなくらい、自分の身を犠牲にしてまで頑張っているんですよ。

 

あなたの中から湧き上がる怒りは、あなた自身が、あなたに発するSOSなんだということに気づいてあげてください。

 

無理をしすぎているから、我慢しすぎているから。

 

 

人のことばかり優先しないで、もっと私をみてほしい。

誰かを大切にする前に、もっと私を優先して大切にしてほしい。

もっと正直に生きたい、もっと自由に生きたい。

 

 

そんな風に、自分で自分にメッセージを送っているのです。

 

嫌な事があるなら、愛と調和を意識しながら、ちゃんと説明して、嫌だと言ってもいいのです。

 

言ってみないと分からないことだって本当は沢山あるのです。

 

 

あんな事言ったら、嫌な思いをさせるかな?

あんな事言ったら、迷惑かな?

嫌われるかな?

 

 

そのような感情が出てくれば、外せばいいだけです。

 

このネガティブを外すために、この感情を捉えるために、この現実があるんだ。

 

そうシンプルに捉えるだけでいいのです。

 

わたしたちは、無駄にあーだこーだと不安な方向に想像力を膨らませてしまいがちですが、実際に言ってみると、あっさりと笑顔でOKを貰えたりするものです。

 

頭の中で、あれこれ考えていることは、実際お相手にとっては、何でもない事だということもあります。

 

お相手からすると、あなたが我慢をして、イライラしたり、怒ったり、泣いたり、ヒステリックになっている時の方が、一緒にいて居心地が悪いと感じるのです。

 

そんな風になるまで我慢せずに、あなたが自分自身を大切にして、ご機嫌でニコニコ笑顔で居てくれる方が、お相手だって一緒にいて心地よく感じますし、幸せなのです。

 

一緒に居て幸せな気分でいられるから、あなたのことを愛しいなと感じることができるのです。

 

そして、その愛を受け取ることで、あなたもまた更なる幸せを感じることができることでしょう。

 

だから、悩んだり苦しんだりする前に、自分の意見を言ってみてください。

 

理解してほしいと願うのではなく、あなたがあなた自身に正直でいる為に発言してみてください。

 

誰かを許すためにも

 

我慢がなくなれば、怒りもなくなります。

 

怒りがなくなり、気分良く好きな事をしていれば、心にゆとりができ、日々幸せを感じて生きることで、感謝が湧き、色んなことが自然と許せるようになります。

 

だからこそ、まずは自分のご機嫌をとってあげてください。

 

他の人を優先してきた人生を歩んできたのなら、あなたの内側は少し拗ねているかもしれません。

 

あなたがまず、あなた自身を大切にして、自分自身に耳を傾けてあげることから始めてみてくださいね。

 

そろそろ『誰かのせいで、嫌な思いをしている』という感覚から抜けていきましょう。

 

どんな事でも、全ては自分で創り出している。

 

新たな視点で物事を視れば、あたらしい世界が開かれます。

 

そして、内側が愛と平和で満たされているならば、自ずと外側の世界にも愛と平和が反映されます。

 

だからこそ、あなたが幸せを感じ笑顔でいることほど、大切な事は他にないということを忘れないでくださいね♡

 

気持ちを上手く切り替えられない時は、誰かに話すことで気持ちと意識の整理をしてみてください♡

 

セッションのお申込みはコチラ☟から♡

セッション申し込み
 

皆様の1日が愛溢れるものとなりますように♡

マシュマロ