自己受容

ポジティブ vs ネガティブ

 

「今日」という、1日を振り返ったとき、あなたはポジティブでいる時間の方が長かったですか?
それとも、ネガティブでいる時間の方が長かったですか?

 

ふとした瞬間に、「あ、今ネガティブに物事を考えていたな。」
そんな風に感じたときは、一度立ち止まって、客観的に物事をみてみてください。
そうすることで、どれほど自分が、ポジティブな物事よりもネガティブな物事に意識を向け、時間を費やしているかに気づくことでしょう。

 

気づいた後は、意図的にポジティブな方に思考をもっていくよう、思考を切り替えることで、意図的にポジティブに過ごす時間を増やすことができます。

 

「さっきまでネガティブだったのに、急にポジティブになれるはずない。」と、思う方もいらっしゃるでしょうし、無理矢理「ポジティブにならなきゃ!」と、空元気になる方もいらっしゃるかもしれません。

 

ポジティブでいるということは、「あなたが気分良く、そこに在る」ということです。
ですので、急にポジティブになれない方は、ネガティブな感情を感じ尽くしてみたり、全く別のご自身の好きなことを考えたりしてみてください。

 

空元気になる方も、うわべは元気だとしても、エネルギーとしては、実際の感情とは違う抵抗のエネルギーが出ている状態ですので、心から元気でない自分を一度認めて、ご自身の好きなことを考えてみたり、行動したりしてみてください。

 

たとえ時間がかかったとしても、思考の癖は変えられます。
少しづつポジティブで気分良くいられる時間を増やすことで、1歩ずつ着実に幸せへと近づいていけるのです。

 

状況を変えたいなら、まずは思考の癖を変える

 

あなたに、変えたい、変わろう、という意志さえあれば変えることが出来ます。
今ある状況に不満を感じたり、未来をよりよくしたいと願うのであれば、「あなた」が変わらなければなりません。

 

あなたが悪いから、現状が悪いとか、あなたが十分ではないから、変わらなくてはいけないとか。
そういうことではないのです。

 

ネガティブなのは、あなたの性格ではありません。
あなたの思考に癖がついてしまっただけなのです。

 

ただ、心に留めて置いていただきたいのは、「思考は現実化する」ということです。
ですので、皆様にはネガティブな事よりも、ポジティブな事を人生に引き寄せるためにも、気分良く過ごせる時間を少しでも多くとって頂きたいのです。

 

あなたの今の状況を創り出したのも、これからの未来を創り出すのも、「あなた」にしか出来ないことであり、「他の誰か」が変わるのを待っていても、変えてもらうのを待っていても、何も変わりはしません。
あなたこそが、あなたの人生の創造主だということを、忘れないでくださいね。

 

ネガティブな感情が教えてくれたこと

 

ネガティブな感情は、あなたにとって悪いだけの存在ではありません。
ネガティブな感情を抱くからこそ、本当に望むものが何なのか、気づく事が出来るのです。

 

気づいた後は、自分の望むものを掴むために行動に移すことで、あなたの現実世界にあなたの望みが反映されていくことでしょう。
ですので、あなたの抱く、どんな感情も、とても大切なものなのです。

 

ネガティブな感情があるからこそ、あなたの本当の願いが分かる。
そして、ポジティブな感情とともに、その願いを叶えていく。
ネガティブな感情とポジティブな感情を上手く使い分けていきましょう。

 

そして、たとえ望まない現状を過去のあなたが創り出してしまったとしても、過去のあなたはあなたにできる精一杯のことをしたはずです。
ですので、ご自身を責めることだけは、なさらないでくださいね。
どんな未来を本当は創りたいのか教えてくれた、過去のあなたに愛を送ってあげてくださいね。

 

そして、今ここから、あなたの望む未来を創り出していきましょう。

 

皆様の1日が愛と幸せに満ちたものでありますように♡

マシュマロ