幸せへの扉

もうダメかも…と不安に揺れる時には

 

現実世界を生きる上で、突然思わぬ事態が起きたり、設定したゴールに届きそうなのに、届かない。

 

上手くいっていたのに、突然困難な状況にみまわれ、問題ばかりが発生してくる。

 

そんなことが起こることもあります。

 

そんな時、わたしたちは、『もうダメかもしれない』。

 

そんな風に考えてしまうこともありますよね。

 

『もうダメかもしれない』、そんな感情が出てきたとき、あなたなら、どうしますか?

 

不安に襲われたときは

 

叶えたいと思ってきたことが、叶わないような現実が目の前に現れたとき。

 

その瞬間、『もうダメかもしれない』。

 

言葉にできないほどの恐怖に襲われ、不安になったり、実現できないように感じたりして気分が悪くなってしまったり。

 

そんな風に感じてしまうことは、誰にでもあることです。

 

ですので、不安になっても、大丈夫です。

 

不安や悲観的な思考が出てきたら、

 

あ、今、不安になっている自分がいるな。

 

そんな風に、まずは受け止めてあげてください。

 

そして、少しだけ、自分を客観的にみてください。

 

客観的に見つめることで、心が少しだけ落ち着いてきます。

 

心が落ち着いたら、意図的に意識をポジティブな方向へと変換してくださいね。

 

思考の転換

 

あなたは願いの種は、きちんと撒きました。

 

ですので、必ず叶うと信じて、気分良く過ごせることに意識を向けてください。

 

撒いた種に、良いエネルギーを注ぎ、育ててあげてください。

 

『もうダメかも!』

 

そう思い、途中で諦めてしまえば、せっかくできた蕾に水を与えず枯らしてしまうようなものです。

 

『ダメだ』と感じることが悪いわけではありません。

 

大切なのは、『ダメだ』と感じた後に、どう思考を転換していくかです。

 

不安になることは、誰にだってあります。

 

恐くなることだってあります。

 

けれど、不測の事態が途中で起こったからといって、その過程で『もうダメだ。終わった。』

 

そんな風に結論づけてしまえば、そこで本当に終わってしまうのです。

 

『ダメだ』と感じた時こそ、胸に手をあて、自分に問いかけてください。

 

本当に、これで終わりにしていいのかを。

 

本当に諦めたいと感じているのかを。

 

どんな答えが返ってきても、間違いではありません。

 

なぜなら、それがあなたの本心だからです。

 

しっかりと受け止めてあげてくださいね。

 

そして、絶望の淵にいたとしても、あなたには、そこから這い上がり、再び光を見つける力があることも、忘れないでください。

 

基盤の再構築

 

願いが叶う直前に、アクシデントが起きたり、困った事態が起こったりというのは、よくあることです。

 

なぜなら、新しい物事を迎えるにあたって、現状の枠から出なければならないからです。

 

今まで大切にしてきたものや、居心地のよかったところから抜け出すために、それらを壊すような出来事が起こったりします。

 

それは、今までの基盤を壊し、新しい基盤を作っていくために必要なことだからです。

 

これから新しい基盤を創り、そこに新しい世界が広がり、拡大、成長していくのです。

 

大切にしてきたものや、居心地のよかったものが崩れていったとしても、『もうダメだ』と諦めるのではなく、これはあくまで途中経過であり、これから望むものが入るために、スペースを空けただけなのだ。

 

そんな風に捉えてみることも、時には必要です。

 

何事もポジティブな方向に思考を向ければ、物事はそうなっていきます。

 

これは、物理的現象としてだけ起きるのではなく、自分自身の意識にも起きてきます。

 

新しい考えや価値観を入れるためには、古い思い込みや概念を外す作業が必ず必要になってきます。

 

長く連れ添った思考や概念を手放すことは、時にとても苦しく感じることでしょう。

 

また、新たな考えや価値観を入れる際には、疑念や不安も付きまとうことでしょう。

 

変化の前には、よく運命に試されたりするものです。

 

それほどまでに、本気なのかを試されるのですね。

 

限界を超えて、信念の制限を解放することで、変化していきましょう。

 

内側の信念とあなたの纏うエネルギーこそが、あなたの現実を創造することを胸に留め、日々の変化を楽しんでくださいね。

 

 

皆様の1日が愛と幸せに満ちたものでありますように♡

マシュマロ